本当は怖い!妊婦さんの貧血が起こす母体や胎児への影響は?

たかが貧血と軽く考える人もいますが、貧血は立派な病気です。
まして、妊娠中の人には大きな影響を及ぼします。
妊娠中は赤ちゃんの体を作るために大量の血液が必要になります。
その血液が不足していると、母体や赤ちゃんの発育に良くないのです。
ここでは、貧血が母体や赤ちゃんに及ぼす影響をご説明します。

 

妊娠中の貧血症状は?

貧血の症状には、疲れやすい、めまい、立ちくらみ、動悸、頭痛、朝起きられない、などがあります。
特に妊娠中はお腹に血液が集まるため、急に立ち上がったりすると立ちくらみを起こしやすくなります。
これらは徐々に進行するので気づかない人も多く、また、自覚症状が現れないこともあります。
しかし、これをそのまま放置しておくとさらに重篤な症状に見舞われることもありますから、少しでもこれらのことを感じたら、医師の診断を受けるようにしましょう。

 

怖い!赤ちゃんへの影響

母親の血液は、赤ちゃんの体を作るために重要な役割を果たします。
その血液が不足していると赤ちゃんの発育に悪影響を及ぼします。
特に妊娠初期の赤ちゃんの体を作るときに貧血状態だと、発育に遅れが出たり、未熟児になったり、奇形が起きたりと重大な支障が出ることもありますから、貧血を軽く見ずに医師の指示に従うようにしてください。
ただ、貧血を避けるために効果的なレバーを食べ過ぎることも止めておいてください。
レバーに多く含まれるビタミンAは過剰摂取すると赤ちゃんに害を与えることもあります。
鉄分不足だからと言ってレバーを毎日食べるようなことは止めましょう。

 

怖い!母体への影響

貧血になると血圧が低くなるため、出血時の量が多くなってしまいます。
特にお産の際の出血への対応が難しくなり、輸血が必要になる場合もあります。
また、お産に必要な陣痛の強さが不足する微弱陣痛になってしまうなどのトラブルを起こすこともあります。
さらに、産後の回復が遅れたり母乳の出が悪くなったりすることもあります。
普段から貧血気味の人は特に注意しておきましょう。